スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集会やパレード、測定行動などのお知らせ

 3月4日(日)は、区内の方の呼びかけによる「原発いらない!葛飾アクションin亀有」が亀有駅南口でおこなわれます。午後12時30分から宣伝などの後、1時30分からリリオパークでリレートーク、2時から青戸平和公園までパレードを行う予定です。にぎやかに行いたいと思います。

 3月6日(火)の午後、「連絡会」が水元公園の放射線測定会を行います。午後1時に公園駐車場に集合です。
 報道では、バードサンクチュアリー近くの腐葉土から23,300Bq/kgという、処理基準の3倍ちかい高濃度のセシウムが測定されたそうです。
 東京都はこの広い都立公園内を、たった12か所測っただけ。
 たくさんの方のご参加で、できるだけたくさんのポイントを測りたいと思います。
 事前に葛飾区役所に測定器の貸し出しの予約(電話で可)して下さい。
 あとで委任状を書いていただければ、事務局でまとめて借り受けます。

 3月11日(日)は、原発なくす全国連絡会主催の「震災復興・なくせ原発 3・11行動in東京」が井の頭公園で行われます。午前11時から文化行事、1時半からメイン集会、3時からパレードの予定です。

 原発なくせと、みんなで声をそろえてあげましょう。
スポンサーサイト

「連絡会」が葛飾区に放射能対策の強化を要望

 「子どもと区民を放射能から守る葛飾連絡会」は、2月22日に葛飾区に放射能対策を強めるよう求めました。区民40名が同席しました。

 (向側が会のみなさん。前列、左から永堀トミイ事務局長、山本康子代表)
 交渉では、ホットスポットの測定や民有地の除染、 環境省の「汚染状況重点調査地域への指定や、食品検査機器の購入、さらに前日に報道された水元公園の土壌汚染を受け、周辺の区有地の土壌測定を求めました。

 交渉後、「連絡会」として初の記者会見を行いました。

 フジテレビのビデオカメラが入り、NHK と朝日新聞が取材に来ました。

 山本代表は、これまでの経過や交渉の様子を紹介し、世論と運動をひろげるため息長くとりくみたいと述べました。

「こどもと区民を放射能から守る葛飾連絡会」が設立されました

 東日本大震災にともなう福島第一原子力発電所の事故によって、葛飾区内でも比較的高い放射線が測定されています。私たちは、これまで放射線の測定や学習会、行政への要請などをおこなっていた様々な団体・個人が、「こどもと区民を放射能から守る」ことを唯一の共通のテーマに、1月23日、この連絡会を設立しました。
 発足時に申し合わせた内容(その後、補充も含め)は、以下のとおりです。

名称 こどもと区民を放射能から守る葛飾連絡会
目的 原子力発電所事故による放射能の影響から、区内のこどもたちや区民を守るために活動する
構成 区内の団体・個人
組織 代表と事務局をおく
   代表 山本康子(元・東京都教職員組合葛飾支部・委員長)
   事務局長 永堀トミイ(新日本婦人の会葛飾支部長)
   事務局員(岩切、菅野、井上、樋口、東京土建、青空の会、葛退教、原水協)
会の活動
   学習会・集会の開催、行政への要請、諸団体の活動の紹介・参加、情報交換、その他、
会の開催
   事務局が召集する、構成団体・個人が要請する、年一度の総会開催、
   事務局は、新日本婦人の会・葛飾支部内におく
        葛飾区青戸3-29-12 ℡03-3604-6301 Fax03-3604-6302
その他
   (当面の活動計画について話し合いました)

  放射能汚染におびえることのない葛飾をとりもどすため、ご一緒に力を合わせましょう。
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。